【2021年】東洋機械金属株式会社ってどんな会社?【就活生・転職者必見/企業研究】

「東洋機械金属株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・小型の射出成形機/電動ダイカストマシンに強み
・中国に生産子会社

・海外で委託生産

会社業績

(引用)SBI証券

・順調に業績を伸ばしていましたが、自動車市場の低迷・コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けている

会社概要

設立1925年(大正14年)5月16日
資本金25億円(東証一部上場)
従業員数762名(2020年3月連結)
売上高304億5000万円(2020年3月連結)

事業区分

東洋機械金属株式会社は主に2つのセグメントから成り立っています。

・射出成形機事業
・ダイカストマシン事業

・射出成形機事業が売り上げの8割を占めている

就活情報

平均年収:615(平均年齢:41.0歳)

初任給

専門学校卒/月給18万0000円
学部卒/月給20万7950円
修士了/月給22万2950円

選考

エントリー → 筆記試験 → 面接2回

事業詳細

射出成形機事業

・プラスチック射出成形機及びその周辺機器、またその部品などの製造・販売

事業TOPIX

◎2020年度
・国内は、雑貨や容器類などの生活用品や医療機器関連向けの売上が増加
・海外では、中国でのIT電子機器や自動車関連は減少しましたが、欧州や米州での生活用品関連向けの売上が増加

ダイカストマシン事業

・ダイカストマシン及びその周辺機器、またその部品などの製造・販売

事業TOPIX

◎2020年度
・自動車関連向けを中心とした、国内の売上は減少
・海外では中国や東南アジアの売上が減少

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
射出成形機
・竪型締横射出ロータリーテーブル機では、2004年に竪型締横射出成形機を全電動機式に置き換えたET-HR機を開発
・成形機開発で培った技術を投入して数々の改良を重ね、現在のET-ⅡHR機へ刷新し、そのシリーズとして、ET-80Ⅱ・150Ⅱ・230ⅡHR2をラインアップ
・汎用機で信頼を築いたSYTEM700やプラスターグリースB3-2を採用しております。潤滑頻度を従来機よりも削減した「地球にやさしい機械」の開発に取組んでいる
ダイカストマシン
・V6シリーズは、80~1000トンまでの型締トン数のラインアップを完了しており、独自開発の射出システム(マルチインジェクションシステム)で、薄肉から厚肉まで全ての鋳造品に適応
・省エネダイカストマシンの先駆者として
、DsシリーズとHBDシリーズの2シリーズの構成で販売実績は300台を超えており、両機の特徴である高応答性・繰返し安定性能・複動動作性能に加えてダウンサイジング技術に磨きをかけ、ダイカスト業界の技術を牽引

まとめ

1.小型の射出成形機/電動ダイカストマシンに強み
2.中国に生産子会社
3.自動車市場の低迷・コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けている

参照・引用

公式HP:https://www.toyo-mm.co.jp/

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

【2021年重工業/機械】【有価証券報告書まとめ】みんな知ってる?日本の優良重工業/機械メーカー【企業就職偏差値】

 

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG