【2022年】株式会社コンテックってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社コンテックってどんな会社?」

就職偏差値:Dランク

・産業用パソコン大手
・周辺機器や無線LANなども展開

・ダイフク子会社企業

会社業績

(引用)SBI証券

・業績は右肩上がりで成長しており、今後にも期待できる

会社概要

設立1975年4月1日
資本金11億1,960万円
従業員数604名(グループ計)
売上高274億3,988万円(2021年3月期連結売上)

事業区分

株式会社コンテックは単一セグメントから成り立っています。

・電子機器事業

就活情報

平均年収:796(平均年齢:44.2歳)

初任給

技術系職、修士了(月給)239,000円
技術系職、大学卒(月給)222,000円

選考

エントリー → 記述式(オリジナル) → 面接2-3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

電子機器事業

・産業用パソコン、ボードパソコン、セットアップパソコンなどの産業用コンピュータ製品、パソコン計測制御用ボード、省配線リモートI/O機器、無線LAN機器などのIoT機器製品、再生可能エネルギー、医療・介護、デジタルサイネージなどのソリューション製品を開発、製造、販売を行っています。また、制御盤、制御モジュール、ワイヤーハーネス、電子機器の組み立て及び基板実装などの制御機器製品の製造、販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
産業用コンピュータ製品
・日本市場では、企業の設備投資が先送りされるなど影響はありましたが、一部業界向けの大型案件を受注したこともあり、売上高はほぼ横ばい。
・米国市場では、空港セキュリティ関連向けの大型案件や医療機器向けの産業用コンピュータの販売が堅調。
IoT機器製品
・年度前半に見られた企業の設備投資への慎重な姿勢の影響を受けて、工場の生産ライン等で利用される計測制御用ボードの販売が減少。
ソリューション製品
・自動車関連業界の生産設備への投資減少を受けて、関連システムの販売が減少。
制御機器製品
・半導体関連業界における設備投資の回復に伴い、堅調に推移。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
産業用コンピュータ製品
・タッチパネルコンピュータ「PT-V10シリーズ」を開発し、2020年11月から販売を開始。
・AIによる推論や処理を行う製品として、産業用AIコンピュータ「DX-U1100シリーズ」を開発し、2021年2月から販売を開始。
IoT機器製品
・FAの分野で手軽に利用できる計測制御製品「CPIシリーズ」を7種開発し、2021年4月から販売を開始。

まとめ

1.産業用パソコン大手
2.周辺機器や無線LANなども展開
3.ダイフク子会社企業

参照・引用

公式HP:https://www.contec.com/jp

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG