【2022年】田岡化学工業株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「田岡化学工業株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Dランク

・住友化学関連会社
・接着剤から医薬/農薬中間体などを展開

・インドに生産子会社

会社業績

(引用)SBI証券

・業績は右肩上がりで成長しており、今後にも期待できる

会社概要

設立1934年10月
資本金15億7,200万円
従業員 409名(2019年3月時点)
売上高244億円(2019年3月期)

事業区分

田岡化学工業株式会社は主に1つの事業から成り立っています。

・化学工業事業

就活情報

平均年収:704(平均年齢:40.4歳)

初任給

大学学部卒 207,800円
大学院了 223,000円

選考

エントリー → マークシート → 面接2回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

化学工業事業

・医/農薬中間体、電子材料、樹脂原料、合成染料、接着剤、ゴム薬品、加工樹脂、ワニス、可塑剤などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
精密化学品
・医薬中間体の出荷数量は減少したものの、樹脂原料や農薬中間体の出荷が引き続き堅調に推移。
機能材
・下期にかけて出荷は復調してきたものの、上期の新型コロナウイルス感染症拡大の影響が残り、低調に推移。
機能樹脂
・紙用加工樹脂の販売は減少したが、ワニスの出荷数量が増加したことにより、堅調に推移。
化成品
・可塑剤は、下期に入り需要は復調してきたものの、原料価格に連動した販売価格の下落ならびに新型コロナウイルス感染症拡大の影響により出荷数量が減少したため、低調に推移。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
精密化学品
・樹脂原料、電子材料、農薬中間体など特徴が活かせる対象化合物に的を絞り、新規製品の早期の開発やプロセス開発に努めるとともに、それらの製法の合理化、新規用途の開発にも注力。
機能材
・瞬間接着剤やエポキシ系接着剤、ゴム用添加剤の新規品目開発、性能向上、品質改良などに取り組むとともに、海外ニーズへの対応も進めている。
機能樹脂
・紙用加工樹脂、ワニスについては、顧客からの要望に対応した性能の向上、品質改良や新規品目の開発。
化成品
・可塑剤などについては顧客からの要望に対応した品質改良に取り組んでいる。

まとめ

1.住友化学関連会社
2.接着剤から医薬/農薬中間体などを展開
3.インドに生産子会社

参照・引用

公式HP:https://www.taoka-chem.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG