【2022年】日本航空電子工業株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「日本航空電子工業株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・コネクター大手
・小型/薄型/高速伝送に強み

・NEC傘下の企業

会社業績

(引用)SBI証券

・長期的に見ると業績は右肩下がり

会社概要

創業1953年8月20日
資本金106億9,000万円
従業員連結 7,995名(2020年3月末)
単独 1,638名(2020年3月末)
売上高連結 2,081億円(2020年3月末)
単独 1,816億円(2020年3月末)

事業区分

日本航空電子工業株式会社は主に3つの事業から成り立っています。

・コネクタ事業
・インターフェースソリューション事業
・航空事業

就活情報

平均年収:664(平均年齢:42.3歳)

初任給

大学院修了者  241,000円
大学卒業者   217,000円

選考

エントリー → 記述式/Webテスト(オリジナル)→ 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

コネクタ事業

・スマートフォンを中心とする携帯機器向け、車載カメラなどの情報通信系やエンジンECUなどのボディ・パワートレイン系をはじめとする自動車向け、および工作機械、通信ネットワーク機器などを中心とする産機・インフラ向けのほか、ノートPC、薄型TVなど、幅広い分野で使用される各種コネクタなどの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・期初において、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、注力する自動車、携帯機器、産業機器の各市場の需要が低迷し、第1四半期の業績は厳しい結果。
・第2四半期以降は、回復に転じた自動車市場の需要を捉えたほか、携帯機器市場及び産機市場でも需要が持ち直したことから、例年並みに推移。

インターフェースソリューション事業

・車載用静電タッチパネルなどの自動車向け製品、産業機器用・医療機器用の各種タッチ入力モニタ・操作パネルなどの産機・インフラ向け製品などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・自動車分野における車載用フィルムセンサの生産が拡大したことや、産機分野における工作機械や産業用ロボット向け操作パネルの需要が増加したことから、堅調に推移。

航空事業

・飛行制御装置、慣性航法装置、電波高度計などの防衛・宇宙用電子機器、及び半導体製造装置向け制振・駆動用機器・油田掘削用センサパッケージ、車載用回転角度センサなどの産機・インフラ及び自動車向け製品などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・防衛・宇宙向け製品は前年並みに推移したが、産機分野において、油田掘削向け製品の需要が大きく減少したことから、低調に推移。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
コネクタ
ICT機器市場
・業界最小クラスの端子間ピッチ0.3mm、製品幅1.6mm、嵌合高さ0.6mmの電源端子付き小型スタッキングタイプ基板対基板(FPC)コネクタ「WP56DK」シリーズを開発。
・USB Type-C®コネクタ「DX07」シリーズでは、最新の規格であるUSB4™及びThunderbolt™4に対応した製品を開発してラインナップを充実するとともに、高速伝送信号(USB3.2 Gen2規格)を増幅するIC部品を搭載して長尺(~5m)伝送を可能にするハーネス製品を開発。
自動車市場
・カメラ等の車載情報通信機器向けの高速伝送用コネクタ「MX79」シリーズで、近年の厳しいEMC要求に対応したグランド強化品及びロックレバー位置変更品の開発、また、電動車向けに、大電流接続信頼性と堅牢性を備えたコネクタ「MX70B」シリーズの開発を推進。

産機市場
・基板間の位置ずれ吸収機能を有した、5G基地局向け6GHz対応の高速伝送コネクタ「CP08」シリーズを開発。

基盤技術
・次世代製品として製品化した、スマートテキスタイル向け洗濯対応スナップボタン型コネクタ「RK01」シリーズの量産を開始し、後継小型化品の開発を推進
インターフェース・ソリューション
・車載用タッチパネル技術開発では、自動車のCASEにおける技術革新に伴うディスプレイの大型化や高精細化、多様なデザインニーズに対応した、メタルメッシュ電極を活用した額縁配線のない全面透明なタッチパネル「Full Touch Sensor ™」を開発。

・産機・インフラ市場向けには、産機環境における静電タッチパネルのノイズ耐性及びユーザビリティ確立の為、タッチ検出アルゴリズムの最適化。
航機
・産機市場向け慣性計測装置の製品開発として、i-Construction、スマート農業及び産業用ドローンを含む無人機などの自動運転のセンサとして使用する小型IMUについて、更なる実用化に向けたアルゴリズムの最適化、信頼性、耐環境性対応技術の研究を継続。

・基幹センサである高精度光応用センサにおいては、新しい制御則による性能改善を研究しており、中精度光応用センサにおいては、光学系の要素技術を研究し、製品化に向けた取り組みを行っている。

まとめ

1.コネクター大手
2.小型/薄型/高速伝送に強み
3.NEC傘下の企業

参照・引用

公式HP:https://www.jae.com/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG